酵素ダイエットをするならファスティングがおすすめ

酵素減量は、体重を直に減らすというよりも、太りにくい体質にすることで体重が減りやすくなるという減量手段です。酵素を摂取する方法としては酵素ドリンクや酵素サプリメントなどがありますが、それを摂取するだけでは減量効果が出るわけではありません。ここでは、正しい酵素減量の手段や減量後の補食等をご紹介していきます。酵素ダイエットをする上での留意点にも触れていきますので、是非参考にしてみてください。

酵素だけでは減量できない?酵素減量の罠とは?

酵素減量が女性をメインに話題を呼んでいますが、酵素を摂るだけでは痩せることはできません。たとえば、酵素を摂り入れながらハイカロリーの食事をよく食べていたり、睡眠時間が短かったり、眠る前に食事を食べている等の暮らしをしていると、せっかく酵素を摂っても成果が弱いです。それらは体内に存在する酵素を消費する行為だからです。カロリーの高い食事を摂ると消化するのに時間と酵素が多く必要になり、消化酵素がたくさん使われてしまいます。もちろん、カロリーの低い食事であってもあまり咀嚼しない際には、同じように消化させるのに酵素が多く浪費されます。また、夕方の18時に食事を摂るのと夜中1時に食べるのとでは脂肪の蓄積量が違います。食事をする時間帯が遅ければ遅いほど身体に身につく脂肪量が増大します。さらに、体の中の酵素が生産されるのは就寝している時間帯なので、睡眠時間が足りないと体の中の酵素の生成量が減少してしまうのです。こうした暮らしを繰り返し行っていると、本質的には太りにくい体質になるにもかかわらず、せっかくの身体の中の酵素が失われて、減量効果が少なくなってしまいます。このように、酵素を摂るだけでは足りないということです。

酵素ダイエットで体重を減らすなら断食を!

酵素を摂取することでダイエットをしたい方は断食を実行ことがお薦めです。酵素飲料を飲んで痩せやすい体質になっているからといっていつもよりも高カロリーの食事を摂ってしまうと、むしろ肥満になります。酵素ダイエットをする場合、2つの手法があります。それは置き換え減量と断食減量の2種類です。置き換え減量は一日三食の食事のうち1食から2食を酵素飲料あるいは酵素サプリに置き換えるというものです。なお、1食よりも2食の方が成果が大きいのは当然です。置き換えダイエットよりも強い成果を求めるなら断食ダイエットがお勧めです。ファスティングとは「断食」という意味で酵素サプリメントもしくは酵素ドリンクと水分摂取のみで生活するというやり方です。成果が最も大きいのは3日間連続でファスティング減量をすることですが、初めての人には刺激が大きいので、1日からチャレンジしてみると良いでしょう。初めから無茶をして体調を悪くするとダイエットの意味がありません。

間違った手段は危険!正しい断食の手段

断食ダイエットの正しい手法をご紹介します。用意するものは酵素飲料です。通常1日に3回から十回程度摂ります。この規定量をちゃんと守らないとダイエット成果が弱いので、しっかりと量って摂りましょう。そのまま飲むことが可能ですが、それだと飲みにくいと思う人もいます。ですので、お水やスパークリングウォーター等で薄めた方が飲みやすいですし、長く続きます。ただ、酵素は熱に弱いので、くれぐれも熱いお湯で割らないようにしましょう。また、断食減量中は水分を充分に摂り入れることも肝心です。それというのも、酵素の効果をもっと強めることにつながるからです。一日に最低でも二リットル以上の水分を摂ることです。さらに、空腹感が我慢できないときには野菜ジュースやフルーツジュースを飲んでも結構です。ただし、絶対に100%であることと添加物無配合であることが最低限の条件です。因みに、二日目以降に好転反応が見られる可能性もあります。体内の毒素を排出するときに生じる症状であり、吹き出物ができる、発熱する、カラダがだるくなる等の現象が典型的なものですが、体調が崩れたわけではありません。

何を食べるべき?ファスティング後の補食レシピ

ファスティングダイエットを実行した後は補食が大事です。酵素飲料以外は何も体内に入れていないので、胃や腸が縮んでいる状態です。なので、ちょっとずつ食料を摂っていかないと刺激がキツすぎて体調が崩れる可能性があるのです。断食が終わってから3日以内にいつもの食事に戻すとカラダに悪い影響をもたらす事があります。そのため、3日間は補食期間として必要になります。この期間中は、消化の良いものを食べるようにしましょう。たとえば、お豆腐のお味噌汁や野菜スープなどです。さらに、味付けは濃くするのではなくできる限り薄味にすることも大切です。また、化学調味料も胃腸の消化機能に強い刺激をあたえるので、この期間はできる限り利用しないことです。こうして補食期間が過ぎた後は、普段の食事に戻してもOKですが、肉類は控えて海藻類、野菜、魚などを多く摂取する食生活をするとリバウンド予防にもなります。