ミネラル補給にもおすすめ!ミネラル酵素飲料

酵素ダイエットの利点は太りにくい体質へ変わっていくことです。そのためには継続することが成功の秘訣になります。「ミネラル酵素ドリンク」は、りんごテイストで飲みやすいので毎日気楽に続けることができる酵素ドリンク
「ミネラル酵素ドリンク」は、名称の通り酵素と体に必要なミネラルであるマグネシウムとカルシウムがたっぷり入っています。酵素やミネラルは、脂肪を燃焼させる働きや新陳代謝を向上させる機能があり減量には効率的で、食事と置き換えることで摂取カロリーを抑えながら新陳代謝を高めてくれます。

ミネラル酵素ドリンクはカルシウム・マグネシウムがたっぷり

ミネラルは5代栄養素のひとつで、健康や美容に欠かせないマテリアルです。その中でも必須ミネラルであるカルシウムは、骨や歯の形成を促し、心臓や筋肉の収縮作用をアジャストする働きがあり、神経を鎮めて精神をおだやかにする働きもあります。マグネシウムは、カルシウムと共に心臓や血管の機能を正しく維持し、骨や歯の形成にも役立っています。
「ミネラル酵素ドリンク」は、必須ミネラルのカルシウムとマグネシウムがたくさん配合されています。「ミネラル酵素ドリンク」のはかり1杯分は25ml~30mlです。その計量カップ1杯分にカルシウムであればバナナ3本分、マグネシウムならキャベツ半玉分に等しい量が入っています。
「ミネラル酵素ドリンク」は、近代人に欠乏しがちな酵素を摂取することで、消化酵素や新陳代謝酵素を活性化し消化や代謝の機能を上げ太りにくい身体にする効力が期待できます。
酵素には整腸作用もあり便秘を解消してくれるほか、ミネラルの血流を整える働きによって体内の巡りが向上し冷え性の解決にも有効です。また、腸内巡りと循環が良くなることで老廃物が外に出るためデトックス効果もあります。
「ミネラル酵素ドリンク」は新陳代謝能力が高まるため、有酸素運動を行うと減量に相乗効果が期待できます。

厳選した国産原材料を活用!原料にもこだわりが

「ミネラル酵素ドリンク」は気兼ねなく滋養分を摂取し、毎日飲める酵素飲料を目指して開発されています。そのため、「ミネラル酵素ドリンク」は、原料にも安心と安全にこだわっていることがポイントのひとつです。
「ミネラル酵素ドリンク」は75種類にもおよぶベジタブルや果物で作られていますが、その原料の90%が西日本を中心とした国産のものです。ウメやキャベツ、イチゴなどは岡山県産、黒糖やウコンは沖縄県産、コンブやスイートコーンは北海道産など産地が明確に公表されています。75種類のうち5種類が海外のもので、プルーン、大豆、オリゴ糖はアメリカ、ヒパマタはノルウェー、ココアが南アフリカとなっています。

甘くて風味が良いからストレスフリー!置き換えダイエットにイチオシ

毎日飲用し続けるためには「美味しさ」と「飲みやすさ」が不可欠です。「ミネラル酵素ドリンク」は、アップル風味が利いたフルーティーな味で、程よい酸味もあり酵素特有の発酵臭も少なく子供でも美味いのが特色です。
「ミネラル酵素ドリンク」は1杯あたり約80キロカロリーと低カロリーで、脳の栄養にもなるブドウ糖が多く入っています。そのため、1杯飲むだけでも満腹感を得ることができ、1日の食事の中で1~2回「ミネラル酵素ドリンク」に置き換える、置き換え減量に推奨の酵素ドリンクです。「ミネラル酵素ドリンク」を飲用することで空腹が抑えられると、間食やドカ食いをなくす成果もあります。酵素を身体に補給する事で、身体のリズムを整えて新陳代謝も向上し、ミネラルも入っているので身体の中からキレイにダイエットすることができます。
「ミネラル酵素ドリンク」の飲む基準は1日あたり25ml~30mlとなっていますが、ご自身の体調に応じて増やしたりなくしたりすることもできます。「ミネラル酵素ドリンク」は、食事と換えるだけで自分の裁量で健康的に減量を補助してくれます。

ミネラル酵素飲料をアレンジ!イチオシレシピ集

「ミネラル酵素ドリンク」は、1日25ml~30mlを水で3倍~5倍に希釈して飲用するのが基本の飲み方です。
しかし、それだけでなくアレンジも自由なので、いろんな楽しみ方があります。
炭酸水で割れば爽やかな風味で飲用することができます。夏の暑い日や朝起きた時などにおすすめです。
無糖の紅茶に入れるとりんごの風味が利いてアップル紅茶風の紅茶を楽しむことができます。
酵素ドリンクと相性の良い豆乳に混ぜると、マイルドなテイストになります。
野菜ジュースやトマトドリンクにミックスすると、フルーティーな風味がプラスされ滋養分バランスも向上し毎日の健康をサポートしてくれます。
また、ヨーグルトにミックスしてデザートにしたり、ドレッシングに混ぜて料理に使ったりと食事にも取り入れることができます。
特にダイエット中は摂取カロリーも心配です。カロリーを抑制しながら栄養素も摂取できる「ミネラル酵素ドリンク」の美味しい飲用法を見つけてみるのも、難なく続けて減量するポイントになります。
解任中や授乳中の方は、「ミネラル酵素ドリンク」の成分は飲んでも大丈夫なものですが、お腹がゆるくなりやすい原料がある、食事による滋養分バランスなどの視点から補給を控えるように明示されているので注意がいります。